Month:2015.03
薬の吸引器の手入れについて

喘息持ちである場合、吸引器があれば、自宅でもある程度の治療が可能となります。
最近ではそのようなケースが多く、手頃な値段で病院で使用しているものと同等の吸引器を購入することができるので、それで助かっている人も多いのです。

その使用方法ですが、病院で処方された吸引のための薬を機械に入れ、本体と吸引部分をホースで繋ぐだけで、誰でも簡単に行うことができます。
そのため、小児喘息などを患っている子供が増えてきている中、このように子供でも一人でできるような機械は非常に便利なのです。

そして、手入れも簡単です。
毎日使用するパターンが多く、一日に2、3回使用する場合でも、中性洗剤で洗うだけで大丈夫なものがほとんどです。
そして、定期的に熱湯消毒などをすれば、より清潔な状態が保たれます。
少し手間はかかりますが、病院や耳鼻科にわざわざ通う手間と時間のことを考えれば、随分とお手軽に済ませることが可能なので、緊急性が要する場合ではない限り、症状が落ち着いていれば、このような自宅療養を選ぶ人が多いのです。
これからの社会において、この吸引器のように自宅でも簡単に治療ができる器具が増えていくことが望まれます。
喘息が一般的になった時代において、その必要性もますます高くなっています。