リレンザや迅速診断キットと東京都電機健康保険組合

でんきけんぽと呼ばれる東京都電機健康保険組合では組合員が健康を維持できるように様々なサービスを提供しています。こういった組合の取り組みとして重要なことの一つとして、構成員の間で感染症が広がってしまうことを防止するということであり、毎年流行するインフルエンザに対する予防策を立てるというのは大きな課題となります。インフルエンザの治療薬の開発も進み、リレンザのように有効な治療薬がいくつも創出されてきました。これによりインフルエンザになっても治療を行うことができるという状況はありますが、東京都電機健康保険組合からすれば組合員が保険診療を受けずに健康を保ってくれる方が助かるでしょう。リレンザは治療のために処方されると保険適用ですが、予防の目的で使用する場合には全額自己負担になるため、予防として使用してくれる人が多くなると組合としては助かるのです。一方、インフルエンザ治療においては早期に確定診断をするということが大切であり、そのための迅速診断キットも開発されてきました。その場で検体をとって結果を見ることができることのが迅速診断キットの特長であり、インフルエンザを疑って来院した患者に対して速やかに検査を行ってリレンザなどの治療薬を処方することができます。迅速診断キットの登場によってより多くの患者が速やかに治療にうつれるようになったことでインフルエンザから重篤な疾患を合併するケースも減少してきています。一方、東京都電機健康保険組合ではインフルエンザの予防接種について補助金を出しており、こういった医療を受けずにシーズンを乗り越えてくれることを奨励しています。これは組合にも組合員にもメリットの有る取り組みであり、今後も積極的に展開されていくでしょう。