インフルエンザ感染とリレンザとタミフルの予防効果

秋から冬にかけてインフルエンザウイルスの感染者が増加し始めます。
季節柄、受験生の方や家族の方、大切なイベントを控えており体調を崩すことが許されない方は特に神経質になります。
インフルエンザウイルスに感染してしまわないためには、予防接種や手洗い、日常的にマスクを装着するということが挙げられますが、対策を行っていても感染してしまうことは少なくありません。
インフルエンザウイルスに感染してしまった場合やインフルエンザの流行時期に急激に体調が悪化した場合は、すぐに病院に出向きましょう。
現在、インフルエンザウイルスに感染してしまった際に病院で処方される薬はタミフルとリレンザが一般的です。
そのため、広く一般的に知られており認知度も高いと言えます。
リレンザやタミフルは、インフルエンザウイルスに感染したことが確定した状況下で使用するとされていますが、実はインフルエンザに感染してしまう可能性が高い状況やインフルエンザに感染することは許されないという状況で10日間限定ではあるものの予防目的として使用することが可能なのです。
リレンザやタミフルを予防目的で処方してもらう際には、家族もしくは周囲で生活している方々がインフルエンザウイルスに感染した場合など明確な理由が必要になります。
さらに、予防目的で処方してもらう場合は医師からの処方箋で必須であることに加え、予防目的の場合は治療ではないため全額自費負担になってしまいます。
しかし、これまでの努力を無駄にしたくないという受験生やその家族の方々などは、金額に関係なくインフルエンザウイルスの感染を予防できるのであれば手に入れたいでしょう。
絶対に感染したくない場合は、病院で相談してみるというのも一つの予防方法です。