リレンザでインフルエンザ治療

インフルエンザは、インフルエンザウィルスにより発症する病気です。
症状としては、頭痛や寒気・関節痛・倦怠感などの全身症状に加えて、喉の痛みや咳・くしゃみなどが現れます。
潜伏期間は1日から3日で、ワクチン接種により予防することが出来ます。
流行のピークとなる11月頃までには、接種をしておく必要があります。
通常の風邪よりも症状が重く、急な発熱があった場合、医療機関でインフルエンザ 検査をすすめられます。
これは、抗インフルエンザ薬を服用することで、ウィルスの増殖を抑え、症状を和らげる効果があるためです。
検査方法としては、綿棒などで鼻や喉の奥の粘膜を拭い、検体をキットに滴下して判定を行います。
とても簡単に出来る検査ではありますが、医療機関の受診のタイミングが重要となります。
なぜなら、抗インフルエンザ薬は、発症から48時間以内に服用を始めないと、効果が下がってしまうからです。
そのため、急な発熱などの症状が現れ、インフルエンザが疑われたら、念のため2日以内に医療機関の受診をおすすめします。
このような検査で、インフルエンザに感染していると分かった場合、タミフルやリレンザなどの治療薬が処方されます。
タミフルはカプセル状の薬で、リレンザは吸入器を用いた薬です。
どちらも1日2回、5日間程度服用します。
リレンザは子供でも使うことが出来る簡単な治療薬です。
一方のタミフルは、10代の患者の服用後の飛び降りなどの異常行動が報告されているため、2007年に10代の患者への処方が禁止されました。
たとえ薬を服用していなくても、発症から2日間は患者から目を離さず、見守る必要があると言われています。
いずれにしても、しっかりとした休養を取り、回復を待つことが大切です。

↓参考サイト
インフルエンザが流行する前にインフルエンザ治療薬を常備しておく
↓インフル治療薬ならこのサイトでチェック
薬 個人輸入